MENU

おまんこの黒ずみにハイドロキノンは効果的?あそこが黒い女子必見!

 

黒ずみの解消に効果があると言われているハイドロキノン。ただし、あそこの黒ずみに対して使っても大丈夫なのか心配もありますよね。そこで、ハイドロキノンの黒ずみ解消効果と、黒いおまんこに使っても良いのかを徹底的に調査しました。

 

あそこが黒い原因は刺激や摩擦によるメラニンの色素沈着

 

黒ずみが発生する原因は、お肌にかかる負担から身を守る目的で、メラニンが過剰に生成されるためです。サイズの合わない下着やナプキンに触れることによる刺激や、掻いてしまったり、こすって洗ったりすることによる摩擦などがほとんどの理由です。

 

陰部は身体の他のパーツより敏感で皮膚の組織が薄いです。そのため、わずかな刺激や摩擦でもメラニンが生成され、黒ずみが生じやすい部位となっています。だからこそ適切なケアが必要だとも言えるでしょう。

 

ハイドロキノンの黒ずみ解消効果について

 

ハイドロキノンは、イチゴや、コーヒー、麦芽などにも含まれている天然成分になります。陰部の黒ずみによる悩みを解消させるためには、今よりもメラニンが生成されないようにすることと、すでに生成されてしまったメラニンを除去することが必要になります。

 

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑える効果もメラニンを除去する効果も兼ね備えていると言われています。そのため、ハイドロキノンは陰部の黒ずみを解消させるのに有効であると言えるでしょう。

 

他のポリフェノールやビタミンCなどといったお肌を白くする効果があるとされている成分は、メラニンがこれ以上生成されないように抑制することは可能でも、すでに生成してしまったメラニンを除去することはできないとされています。

 

ハイドロキノンは他の美白成分より黒ずみを解消する効果が高いと言っても良いでしょう

 

ハイドロキノンであそこの黒ずみをケアする場合のデメリット

 

ただし、ハイドロキノンは配合されている濃度が高すぎると、かぶれや、白斑、アレルギーなどといった症状を引き起こしてしまうことがあります。ハイドロキノンは陰部の黒ずみに対して高い美白効果を得られる分、お肌に強い刺激を与えてしまう性質もある訳です。

 

そのため、ドラッグストアや、薬局などで市販されている美白クリームに含まれているハイドロキノンの配合率は、およそ2パーセントから4パーセントぐらいとなっています。それ以上の濃度になると副作用を引き起こすリスクが考えられるため、お医者さんが処方する必要が生じてきます。

 

市販の美白クリームでは効果が期待しにくい反面、皮膚科などに行くとなるとお金もかかりますし、お医者さんにおまんこを見られるという精神的な負担も。またハイドロキノンは刺激が強いため、あそこのようなデリケートな部位に使用する場合は副作用の危険性も無視できません。

 

結論として、ハイドロキノンであそこのケアをする前に、デリケートゾーン専用の美白クリームを使うと良いでしょう。あそこにも優しい上に医薬部外品として効果が認められているクリームを紹介しますので、まずはこちらでおまんこの黒ずみケアを始めてみて下さい。

 

>>あそこが黒い人におすすめの美白クリームランキング